Python 基礎 4 シグモイド関数

Python 基礎 4 ジグモイド関数

前回の記事でネイピア数やべき乗のことを学習しましたね。Python だと驚くほど簡単に数値計算を行う事ができます。C なんかではやってらんないですね(^◇^;)。

シグモイド関数とは、↓このような数式のことを言います。

このシグモイド関数は人口ニューロンをコードで実装するときに、不活性関数として機能します。

いまはまだ「何言っているかわからない」っていう感覚でいいです。後々重要な役割をする感じで、頻繁に出てきます。「なんとなくこんなもんなのだな」っていう感じで覚えておいて下さい。

今回はこんな感じで終わります。だいぶ慣れてきたのではないでしょうか?

Colaboratory で実際にコードを書いて、練習してみて下さい。プログラミングを学ぶ一番いい方法は「写経」です。コードを書いて書いて書きまくって下さい。グラフも描いて描いて描きまくりましょう。

ひたすら手を動かすことを意識して下さい。

キーボードをひたすら叩きまくって、理解しましょう( ̄▽ ̄)。

次回は、いよいよニューラルネットワークの話に入っていきます。お楽しみに(゚∀゚)。

次回の記事では

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP